法学・政治学博士前期・後期課程 >  大学院について >  カリキュラム >  法学・政治学専攻(博士前期課程)

法学・政治学専攻(博士前期課程)

概要

法学と政治学を研究する専攻です。指導教員の指導の下で専門的知識を修得し,研究会での報告と議論を通じて自らの思考を鍛えつつ,修士論文を執筆します。以下の4プログラムを設けています。

  • 基礎法学プログラム:法理学・日本法制史・東洋法制史・外国法を研究するためのプログラムです。
  • 公法学・社会法学プログラム:憲法・行政法・税財政法・国際法・刑法・刑事訴訟法・労働法・社会保障法を研究するためのプログラムです。
  • 民事法学プログラム:民法・民事訴訟法・商法・経済法・国際私法・国際取引法・知的財産法を研究するプログラムです。
  • 政治学プログラム:公共政策論・政治社会学・政策過程論・計量政治学・政治思想史・政治コミュニケーション論を研究するプログラムです。

修了要件

  • 2年以上(短期在学型は1年以上)在学し,
  • 法学・政治学専攻が定める要件に従い授業科目を30単位以上修得し(30単位の内,10単位までは人社環研の他専攻科目でもよい),
  • 修士論文(短期在学型はリサーチペーパー)の審査に合格すること。

詳しくは,法学・政治学専攻細則をご覧下さい。

取得できる学位

  • 基礎法学,公法学・社会法学プログラム,民事法学プログラム:修士(法学)
  • 政治学プログラム:修士(政治学)

Copyright © School of Law,Kanazawa University. All Rights Reserved.