法学類 >  受験生のみなさまへ >  オープンキャンパス

オープンキャンパス

法学類のオープンキャンパスは,「キャンパスビジット」「スタディブログラム」の二本立てで開催します。

(1)キャンパスビジット~8月8日(木)開催!

キャンパスビジットでは,高校2年生以上の方を対象に,様々な企画をご用意し,金沢大学法学類での「学び」や学生生活についての情報をお伝えします。2019年度の法学類のプログラムは,近日中に公開します(昨年度のものは,こちら(PDF)をご覧ください)。

  • 法学類のプログラムは,午前の部・午後の部の2回,同じ内容で実施します。
  • 参加ご希望の方は,こちらのページから(金沢大学Webサイト)事前予約が必要です。
    【事前予約の申込期間】2019年7月1日(月)6:00から7月29日(月)正午まで。ただし,受付期間終了前でも定員になり次第,申し込みを〆切りますので,ご注意ください。
  • 詳細については,金沢大学Webサイト(キャンパスビジット)を,あわせてご覧ください。

(2)スタディブログラム~8月9日(金)開催!

スタディプログラムは,高校生(学年は問いません)を対象に,人間社会学域の各学類における「学び」を体験できる講座を提供するものです。法学類では,現役の大学生が,教員の指導を受けて作成した法(ルール)についての理解を深めることのできる教材をもとに午前午後通しの講座を開講します。

【法学類提供のプログラム概要】

講師:福本 知行 准教授(+法学類公認サークル「金沢法友会」の学生)

テーマ:判決を考えよう――模擬裁判の傍聴と評議――

概要:この講座は,学⽣が上演する模擬裁判を傍聴した後,学⽣と⼀緒に判決を考える評議に参加することで,裁判において判決が出されるまでのプロセスと,そこにおけるものの考え⽅について理解を深めることを⽬的としています。刑事裁判において裁判員制度が導⼊されてから10年がすぎましたが,この制度の導⼊の背景には,司法と国⺠の感覚の「ズレ」がありました。⺠事裁判においても同じような「ズレ」が⾒られるかもしれません。今回は,「とある⽣徒が同クラスの⽣徒に対していじめを⾏い,そのいじめを受けた⽣徒が⾃殺した。⾃殺した⽣徒の親はいじめを⾏った⽣徒とその親に対して損害賠償を請求したが,果たしていじめは本当にあったのか,そして親には損害賠償責任があるのか?」という問題を取り上げます。

(3)その他・関連情報

Copyright © School of Law,Kanazawa University. All Rights Reserved.