法学類 >  受験生のみなさまへ >  オープンキャンパス

オープンキャンパス

法学類のオープンキャンパスは,「キャンパスビジット」「スタディブログラム」の二本立てで開催します。

(1)キャンパスビジット~8月9日(木)開催!

キャンパスビジットでは,高校2年生以上の方を対象に,様々な企画をご用意し,金沢大学法学類での「学び」や学生生活についての情報をお伝えします。2018年度の法学類のプログラムは,こちら(PDF)をご覧ください(2018年7月5日更新)。

  • 法学類では,半日コース(午前の部・午後の部~内容は同じです)1日コースを設定しています。
  • 参加ご希望の方は,こちらのページから(金沢大学Webサイト)事前予約が必要です。
    【事前予約の申込期間】2018年7月2日(月)6:00から7月31日(火)正午まで。ただし,受付期間終了前でも定員になり次第,申し込みを〆切りますので,ご注意ください。
  • 詳細については,金沢大学Webサイト(キャンパスビジット)を,あわせてご覧ください。

(2)スタディブログラム~8月10日(金)開催!

スタディプログラムは,高校生(学年は問いません)を対象に,人間社会学域の各学類における「学び」を体験できる120分(60分×2コマ)の講座を提供するものです。法学類では,現役の大学生が,教員の指導を受けて作成した法(ルール)についての理解を深めることのできる教材をもとに講座を担当し,同じ内容の講座を午前と午後の2回開講します。

【法学類提供のプログラム概要】

講師:福本 知行 准教授(+法学類公認サークル「金沢法友会」の学生)

テーマ:ペナルティの本質ってどんなもの?

概要:本講座は,法学類の学生が日頃の授業を通して得た法的なものの考え方や理念を,高校生の皆さんと一緒に考えるものです。今回は特に「刑法」という法律の基礎にある考え方や理念を考える授業を実施します。皆さんは「法やルールを守らせるために処罰(ペナルティ)を厳しくすることは正しいことだと思いますか?」という問いにどう答えますか? この授業では,法的な考え方によってその解へとアプローチして行きます。また,普段の生活で,「罰が軽すぎる」とか「重すぎる」と考えることがあると思いますが,疑問に思ってもその疑問に対して,根拠のある明確な答えを出すことはできないと思います。人を処罰するとなった時,処罰する人の感情だけで根拠なしに罪や罰の軽重が決められるとすれば,社会は不安定化してしまいます。この講座を通して人の「処罰」が感情によるべきでないことを理解して下さい。

(3)その他・関連情報

Copyright © School of Law,Kanazawa University. All Rights Reserved.