法学類 >  受験生のみなさまへ >  卒業後の進路

卒業後の進路


金沢大学法学部の卒業生は北陸3県を中心に全国の多様な分野に進出しています。

金沢大学は,国家公務員・地方公務員の採用試験で多くの合格者を出しています。例えば,2014年度国家公務員総合職試験では15名,同一般職試験(行政職)では93名,また,地方公務員試験でも多数の金沢大学出身者が合格しています。また,民間一流企業への進出も著しく,その分野も金融,マスコミ,サービス業等多岐にわたります。

法学類卒業後,より高度な専門知識の修得や学問的関心の充足を図りたいという学生のためには,大学院博士前期課程(法学・政治学専攻)が設置されています。前身の法学研究科設置以来,すでに多数の修了者を輩出していますが,特に数多くの優れた研究者(大学教員)を学界に送り出してきた点では全国有数の実績があります。

本学出身の司法試験合格者はすでに180名を超え,各地で裁判官,検察官,弁護士(法曹といいます)として活躍しています。とくに,2004年度から,従来の法曹養成制度を改革して法科大学院(ロー・スクール)が設置され,司法試験を受験するためには原則として法科大学院を修了しなければならなくなったのに伴い,法科大学院への進学を志望する学生が例年、1割程度います。

金沢大学には,北陸地方で唯一,法科大学院が設置されており,ここでは,法学類で学んだ法理論の応用と,法曹として必要な法律実務の基礎を学びます。例えば,専門書や判例を読む「座学」だけではなく,法律相談を受けたり,法律事務所で研修を行ったり,弁護士役,検察官役,裁判官役に扮して模擬裁判を行ったりといった実践的な授業が数多く設けられています。そのため,研究者だけでなく,法曹経験者や現役の弁護士や裁判官も授業を担当しています。2014年度の司法試験では本学法科大学院出身の6名が合格しました。詳しくは,金沢大学法科大学院(法務研究科)のホームページをご覧ください。

2014年3月卒業者データ

概要

【独立行政法人等】5名(3%)

【大学院等進学】 12名(7%)
【民間企業】 62名(35%)
【公務員】 74名(42%)
【無業者・無回答など】 23名(13%)

卒業者計177名

主な就職先(就職支援室)

就職支援室のホームページもご覧ください。

Copyright © School of Law,Kanazawa University. All Rights Reserved.