法学類 >  法学類について >  カリキュラム >  総合法学コース

総合法学コース

コースの理念・目標 「総合法学コース」は、金沢大学をはじめ全国の法科大学院または法学系大学院への進学を目指す学生のためのコースです。このコースは、大学院に進もうとする学生が学士課程の4年間で法学の基礎を学び、また大学院でのさらなる勉学のための基礎的能力をも修得するようなカリキュラムを提供します。
教育目標 法科大学院へ進学し、その後司法試験を経て法曹(裁判官・検察官・弁護士)または大学の研究者になることを目指す学生や、法学系大学院に進学して基礎法学(法哲学・法制史・外国法など)を専攻することを予定している学生を対象とします。そのため、法律学の基本科目に重点を置き、大学院での発展科目の学習・専門研究への接続を重視した教育を行います。
教育内容 法科大学院への進学を希望する学生は、判例の読解・分析能力を向上させるための「判例研究」で教員の個別指導を受けるとともに、新設される「総合法学演習」で法科大学院未修者(3年)コースの初年次に学ぶ内容をしっかりと身につけ、法科大学院の既修者(2年)コース入学を目指します。法学系大学院進学を希望する学生は、基礎的な研究能力を身につけるために教員の個別指導の下で卒業論文を執筆します。

福本 知行准教授(民事訴訟法)

駆け出しの徒弟は危なっかしい手つきで、見よう見まねで道具を使いますが、練達の職人は長年使い込んだ道具をあたかも自分の手のように使いこなしています。民事訴訟法は民事裁判の手続のルール、法律家の商売道具ですから、練達の職人たる「よき法律家」は民事訴訟法を十分に吟味し、自由自在に使いこなせなければなりません。この講義はほんの入り口にすぎませんが、将来よき法律家を志す方は、早いうちから民事訴訟法を苦労して体得することが生涯の宝になるでしょう。


 卒業後の進路

    • 法科大学院を経て法曹(弁護士・検察官・裁判官)
    • 法学系大学院(修士・博士課程)を経て
    • 司法書士や裁判所事務官など高度な法律知識を必要とする職業
    • 研究者など
  • 2016, 2017年度入学生法学類細則(授業一覧含む)
  • Copyright © School of Law,Kanazawa University. All Rights Reserved.