法学類 >  法学類について >  法学類公認サークル

法学類公認サークル

金沢法友会

守山中学校出張授業

金沢法友会では主に「法教育」に取り組んでいます。

「法教育」とは,法学を専門としない一般の方に、法の基礎になっている価値や、
法的なものの考え方を身につけてもらうための活動です。

夏の高大連携講座で滋賀県立虎姫高校に法教育の授業を行うほか,近年は秋に中学校へ出向き、出張授業をしています。

先生方からアドバイスを受けつつ教材づくりを行っており、法が日常生活において欠かせない身近なものであることを実感できる授業を心がけています。

また、過去に行われていた法教育教材コンクールでは3年連続入賞を果たしました。

他にも、岡山大学との交流会や、法務局・裁判所・検察庁などへの見学を企画しています。

県庁と協力して、消費者被害の防止を目的とした寸劇出前講座なども実施しました。

法友会のホームページには、実際に作成した教材やその他の活動記録が載っています。
随時更新しているので、そちらもぜひご覧ください。

独自ページ:

法律相談所

法律相談所
法律相談所の最も重要な活動内容は,一般市民の方々からの,民事に関する法律相談を無料で受けることです。

ふだんの講義や教科書を通じてでも法律を学ぶことはできます。しかし,法律相談では,講義や教科書とは異なり,相談人の語る具体的な事実関係から,法律問題を発見し,講義や教科書を通じて学んだことを応用して,その解決案を提示しなければいけません。

一般市民の方々の不安や疑問を解消することができるかどうかは,私たちの努力次第であり,それが法律相談所所員の活動の原動力となっています。

日常の活動として,毎週火曜日の5限以降に行なう「民法研究会(民研)」があります。この研究会は,1年生と2・3年生がともに学習することを通して,相談を受けるために必要な法的知識を身につけるものです。また,2・3年生になると毎週土曜日にも,民研で使うレジュメ(プリント)を検討しあう「レジュメ検討会」,過去に受けた相談を検討しあう「カルテ研究会」,自分たちで相談の予行練習をする「模擬法律相談」,という活動をします。これらの活動を通して,素早くそして的確に解決案を出せるよう努力しています。

おもな法律相談会は,次のとおりです(2017年3月現在)。

毎週土曜日 市内法律相談      石川四高記念文化交流館で開催。
5月下旬  開学記念法律相談      金沢大学開学記念日ころに金沢市内で開催。
6月および11月 出張法律相談      福井,小松,能美,小矢部,宝達志水
8月または9月 能登巡回法律相談    羽咋,穴水,輪島,珠洲

なお,相談の際には,毎回,法学類の先生が来てくださり,私たちの回答をチェックして下さったり,アドバイスを頂いたりしています。

独自ページ:金沢大学法律相談所

模擬国連北陸支部

模擬国連
週一回行なわれる通常活動では,国際問題に関するディスカッションを行なったり,合宿などの事前準備をしています。

合宿では,実際の国連会議の形式を用いて,各国の大使に扮して,会議を行ないます。それにより国際問題について体感的に知識を深めることができます。

また,年に数回,全国規模の大会が開催され,参加することにより様々な大学の学生と交流をすることができます。北陸支部でも,その中の一つの大会を毎年開催しています。興味がある方は,お気軽に部室にお越しください。

独自ページ:

金沢ディベートサークル金沢ディベートサークル

金沢ディベートサークルでは「ディベート」という議論の方法を通じて,政策について議論しています。

この議論の方法は,ある政策について肯定する側と否定する側に分かれて行うものです。それぞれに話す時間が与えられ,その時間で自分たちの主張を話すということに特徴があります。政策の論題は地域に関することから日本,世界にまで視野を広げて議論を交わします。内容も政治・財政・社会福祉などさまざまです。

それによって,政策に対する知識を高めることはもちろんですが,人前で話すいわゆる「プレゼンテーション能力」と,人を説得したり,人の話をよく理解するための論理的思考能力を高めていくことを目標としています。

前期は「ディベート甲子園」に出場する北陸地区の中学・高校生への指導を行い,後期には,毎年東京で行われる大会を通して全国の学生と交流するなど,大学の枠にとらわれない活動をしています。

地域ブランディング研究会

地域ブランディング研究会
地域ブランディング研究会は,ブランディング,マーケティングなどの手法を学び,ブランド戦略・販売戦略の研究,実践によって石川県のさらなる活性化を目指し活動している団体です。法学類公認サークルであるものの,学類や大学の垣根を越えた活動を前提とするサークルであるため,理系を含め他学類生も多く参加しています。

昨年度は,石川県庁と協力したご当地鍋のレシピ考案・県内外でのPR活動をすすめ,全国規模のイベントへ出店,3位入賞しました。

その他にも,中能登町でのイベント企画・運営,さらには,JAかほくのイメージキャラクター「ほくの里」のプロモーションを行いました。多岐にわたるプロジェクトに携わりながら,地域の魅力を探求・発信しています。今年度は,昨年度の活動の充実・拡大に加え,新たな企画も加わる予定です。さらなる発展をめざして,密度の濃い活動をしていきたいと考えています。

独自ページ:

金沢大学模擬裁判会

金沢大学模擬裁判会
模擬裁判会の活動の中心は,学生が主体となって身近な法律問題や社会問題をテーマとした裁判劇を上演することにあります。現在のところ,高校生を対象とする夏のオープンキャンパスと,一般の方を対象とする学外での定期公演(2月頃)の年2回,公演を行っています。

裁判劇の上演にむけての日々の活動は,裁判劇の基盤となるシナリオ制作に始まり,キャストの演技練習,劇をより分かりやすくするVTRやスライドといったビジュアル資料の制作,証拠書類や裁判に関係する書面(訴状、答弁書、判決など)の制作,劇の内容や法律の解説を載せたパンフレットの制作,さらには模擬裁判会の「ウリ」である,裁判劇後に行う評議(劇の内容を踏まえて,来場者と学生とが一緒になって,判決を考えるためのディスカッション)を行なうための資料作成やその進行方法の検討,公演への集客のための広報活動と,多岐にわたります。各自がいろいろな得意分野を出し合って,1つの公演を作り上げて行く充実感を味わうことができます。

その他,学生による模擬裁判を行なっている他大学(東京大学,東北大学,山形大学など)との交流や,シナリオで取り上げられる法律問題に関する勉強会,さらに裁判所見学など様々な活動を行っています。

2010年に発足したばかりのサークルではありますが、これからも地道に努力を続け、活動の幅をもっと広げていきたいです。

独自ページ:

Copyright © School of Law,Kanazawa University. All Rights Reserved.