法学・政治学博士前期・後期課程 >  法学・政治学博士前期・後期課程のお知らせ > 新着情報 >  在学中の英語検定試験義務化について(法学・政治学専攻)

在学中の英語検定試験義務化について(法学・政治学専攻)

更新日: 2018.01.19

法学・政治学専攻を含む本研究科の博士前期課程へ2018年4月以降に一般選抜・学内推薦特別選抜・留学生特別選抜・台湾協定校特別選抜により入学する方は,修士論文提出日までに英語検定試験(TOEIC, TOEFL, IELTSなど )を受験することが義務づけられる予定です。受験をすればよく,成績基準は設けません。社会人特別選抜・短期在学型特別選抜・英語による選抜・英語ネイティブ話者の方,入学前2年以内に英語検定試験を受験し一定以上の成績を得た方の受験義務は免除する予定です。

入学希望者は,以上の点を了解の上で入学手続きを行って下さい。

 

Copyright © School of Law,Kanazawa University. All Rights Reserved.