法学類 >  法学類のお知らせ > 卒業論文 >  卒業論文テーマ一覧(2012年度)

卒業論文テーマ一覧(2012年度)

更新日: 2013.08.13

  • 2012年度(20名)

  • 法学類公共法政策コース(選択・8名) ハンス・ケルゼン「根本規範論」批判,国・自治体の行っているスポーツ振興に関する考察,地方自治体として何をすべきか 東日本大震災を経験して,カントの幸福論,世代間正義と貯蓄原理,日本サッカーの育成環境改善のための方針,功利主義の発展,外国人参政権を考える
  • 企業関係法コース(選択・6名) 地方議会改革 石川県内の現状から,普遍的に保障されるべき重要な潜在能力リスト化の肯定可能性を探る,アーキテクチャから考える,自由の制限について-危害原理・不快原理・パターなリズム-,自然と人間の共生を考える-アイヌ民族の生活における持続可能性を手掛かりに-,地方議会議員の情報発信-北陸信越5県のHPの分析-
  • 総合法学コース(選択必修・5名) 相続放棄と利益相反行為,婚姻外男女関係の解消と慰謝料請求権,難民認定における難民該当性の立証手続の在り方と日本国内におけるそれらの実践に関する考察-国連難民高等弁務官事務所の文書が示す指針を中心に-,父母間における子の引渡し請求のあり方,中立的行為による幇助
  • 法学部法政学科(選択・1名) 「共感」から考える道徳哲学-D.ヒュームとA.スミス-

Copyright © School of Law,Kanazawa University. All Rights Reserved.